ランニング

板橋Cityマラソン2012完走

投稿日:


板橋マラソン

制限時間が7時間で、ランネットの大会100撰にも選ばれている人気の大会

板橋Cityマラソン2012 フルマラソンの部、走ってきました-!

最寄り駅である赤羽の2つ先の駅「浮間舟渡」に
7時頃到着したんだけど、ネットで下調べした通りランナーで既に大混雑。

大行列のおかげで迷うことなく会場入り。

今回のマラソンの目標
・無事に時間内に歩かず完走
・エネルギー切れや脱水症状にならないよう、エイドステーションでは必ず口にする。
・あわよくば、7分30秒ぐらいのペースで走り、5時間台ゴール。

この3つを自分の中で掲げていた。

8:30 スタートラインへ足を運び、開会式スタート。

今回のマラソン、13,000人近くのランナーがおり、

エントリー時の自己申告で私は最後尾の集団スタート。

まったくスタートラインが見えない(笑)

最後尾

各所にあるステレオから開会式の模様は放送で分かります。

冒頭、全員で東日本大震災への1分間の黙祷を行い、

いよいよスタートの号砲。

スタートラインに辿り着くまで20分近く掛かった。。。汗

ここからは経過とともにダイジェストで。

10km
まだ余裕あり。ラップタイムも7:30前後を刻み続ける。

13km前後
寒さとエイドステションでの水飲みすぎ?でトイレへピットイン(汗)

15km
ヒザが痛い・・・。徐々にペースダウン。

22km 12時頃
折り返し。足・股関節が痛い・・。
ま、まだ半分なの!?と絶望感。

24km
小雨降り始める。
カッパ準備してなかったので体温奪われ、体は冷え切り、過酷度上昇。

28km
さらに腰も痛くなり、依然衰えないのは食欲だけ。

エイドステーションにある、あんパンやバナナは必ず食べた。

32km
あと10キロ!という希望が芽生える。

既に心の中でZARDの「負けないで」を大熱唱ループ。

35km
歩くのも辛いほど、腰が激痛、足と股関節は感覚ゼロ。

路肩でストレッチして、ほぐしては前進。

目標タイムは無理そうだけど、自分に負けないという最後の意地を糧に、

めちゃくちゃゆっくりだけど、ラン→歩くを繰り返す。

40km
「残り2キロ。一休みして、笑顔でゴールしましょう」という立て看板があり、

最後の力を振り絞る。

42.195km
応援の力ってすごくて、痛みも和らぎ、笑顔になれる。

満身創痍のなか、6時間4分でゴール!!

ゴール地点

「フルマラソンを完走すると人生観が変わる」と言いますが、

過酷な状況で自分の限界を超え、それを乗り切る精神力がつき、

成長した気がする!

足を引きずりながら、なんとか帰宅し、

自宅で缶ビール半分飲んだ時点で、速攻爆睡。

とうぶん、走るのイイや(笑)

波乗りブログランキングに参加中!


↑をポチっとクリックお願いします

-ランニング

Copyright© 波乗りーまん , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.