タイ旅行記2011

タイ旅行記1話:いよいよ出発

成田空港までは、時間は掛かるけど最安値の京成線の鈍行ルートで行く。



無事、出発2時間前に成田空港に着き、チェックインを済ませて、



そして手荷物検査のゲートに並んだんだけど、めっちゃ行列!



結局、1時間以上かかったー(´・ω・`)





そして、搭乗開始の時間まで、マッタリ。





すると、ぴぴ家を呼び出す館内アナウンス。





「ぴぴ様、大至急、搭乗ゲートまでお越しください。」





( ゚д゚)!!!





搭乗開始時間と飛行機の出発時間を間違える、うっかりミス。



アブねえ~ (;´Д`A “`



ダッシュして、ギリギリ間に合い、すぐに飛行機離陸w。





アナウンスに気づいて良かったわ(汗)。



ビールと機内食!




機内のビール





機内食のビビンバ



空路6時間。



現地23時過ぎに、バンコクのスワンナプーム国際空港に到着!

(時差は日本よりマイナス2時間)



念入りな入国審査をパスし、ホテルまでは、



メータータクシー(日本のようにメーターで料金が加算されていくタイプ)で、



行きたかったので、ネットで下調べしたタクシー乗り場がある1階へ。





タクシー乗り場にカウンターがあり、英語が話せる係の人が居るので、



行き先のホテル名を伝える。





英語の発音が悪かったのか、通じなかったのでガイドブックにあったホテル名を見せる^^;



ぴぴ「プラザ・アテネ ホテル」



現地の係員「パーサ・アテネ ホテル」





そうすると、紙にタイ語でホテル名を書いてくれて、タクシーの運転手にその紙を渡し、出発~♪



タイのタクシー運転手は基本、英語喋れないし、英語読めないみたい。




出発して、ちゃんとメーターが動いているかチェックしたら、



無事料金が加算しているので、ちょっと安心。





メーター動かさないで、到着して高額な運賃を請求してくるボッタクリがあるって



聞いていたので、気が抜けん。





すると運転して早々、75バーツをよこせというような事を言ってくる。



これもネットで下調べ済。





高速料金を料金所毎に客に請求するようで、今回の運転手は、料金所通る前に先に請求したっぽい。



そして、メーター表示料金215バーツ+高速代75バーツで無事、ホテルに到着。





タイはチップ制度があるようなので、20バーツを多めに払う。





すると、運転手が食い下がる。





ホテルのドアマンがお迎えに来てたので、



何言っているのか英語とジェスチャーで助けを乞う。





どうやらもっとよこせとタイ語で言っているらしい( ゚д゚)





いくら欲しいのかドアマン通して聞くと50バーツ(150円くらい)。





まったく食い下がらないし、メンドクサイから50バーツ多めに払って、お別れ。





でも帰国してネットで調べたら、空港からホテルまでのタクシー送迎は



手数料で50バーツが別途かかるみたい。





タクシーの運転手さん、知らなくて( TДT)ゴメンヨー



ローカルルールなんて分からんわ!




まー、これも個人手配旅行の洗礼だ(笑)




さて次回は、泊まったホテル紹介しまーす



波乗りブログランキングに参加中!


↑をポチっとクリックお願いします

CATEGORIES & TAGS

タイ旅行記2011,

Author:

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

Total:367121 hits and 55533 IPs
Today:96 hits and 22 IPs

Online:0