sports

富士山登山物語2話「雨にも負けず」

更新日:

まだ、スタートもしてないのに、大粒の雨が降ってきたー!

俺の申し込んだツアーには、
バスで一緒だった45人一つの集団として、山小屋まで目指す事になっており、
そこに1人の富士山案内人がついてくれる。

困ったら案内人さんに聞けばいいし、ペースメーカーにもなってくれる。

案内人さんの指示のもと、みんなレインウェアに着替え、
ザックにレインカバーして、雨対策モードに切り替え準備完了。

改めて登山スタート!

前半は高山病対策として、非常にゆっくりした足取り。

雨にうたれながら、せっせと歩く。

山の天気は本当コロコロ変わるもんで、雨が止んだり降ったり、

濃霧に包まれたりと、すっきり視界がよくなったり、
慌ただしい。


濃霧マックス

常に、レインウェア着て登ってるので、

汗かいて暑い・・・ ι(´Д`υ)アツィー

それにしても土曜と言うこともあり、

登山客の渋滞がハンパない。。

一番の渋滞ポイントは岩場な登り。

結構、激しいけど、渋滞のおかげで休み休み登れるのは良いところかな。

順調に7合目あたりまで着た頃。


富士山7合目あたり

「ゴロゴロゴロー」

( ゚д゚)!!

雷雨キターー!!

案内人さん
「山道に鎖のチェーンありますが、触ったりしないで下さい。

非常にもろいので、抜け落ちて陥落したり、雷が落ちると感電します。

はい。絶対触りません(: ̄Д ̄)/

富士山って上の方は、植物すら生えてないから、逃げ場ない。

下の方から「ゴロゴロゴロー」

下からも雷の音キターーー(゚Д゚)

もうね、過酷以上の何物でもない。

そして、19時30頃、ようやく8合目の今夜お世話になる山小屋に到着。

クタクター。

つづく

波乗りブログランキングに参加中!


↑をポチっとクリックお願いします

-sports
-,

Copyright© 波乗りーまん , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.